カテゴリ:学校行事
【研究】3年生 音楽「うさぎ」

CIMG5810.JPG

CIMG5824.JPG

CIMG5800.JPG

CIMG5780.JPG

CIMG5818.JPG

昨年度まで本校は、国語科における「読むこと」の授業改善を通して、「思いや考えをもち、すすんで伝え合い、深め合う児童の育成」を目指して研究し、昨年10月に研究発表を行いました。
そして今年度は、昨年度の国語で得た成果を他教科にいかしていく研究を進めることにし、各分科会(低・中・高学年と専科の4分科会)ごとに教科を決めて、研究をすることとしました。
9月27日(火)には今年度3回目の授業研究を音楽専科が、各学年に4曲ずつ示されている歌唱共通教材より3年生の「うさぎ」で授業を行いました。
この授業のねらいである「日本に古くから伝わる曲の雰囲気を感じ取って、曲の特徴を捉えた表現を工夫し、自然で無理のない声で歌う」が達成できるよう、こどもたちが主体的に学習に取り組めるようにワクワク感や興味を引く導入の工夫や何をすればよいか明確にするための発問や言葉掛けの焦点化、対話的な学びとなるように音や音楽と対話する場の設定や歌い方を工夫するためのペア活動などを取り入れた授業でした。
教師が一方的に「こう歌おう!」ではなく、歌詞の内容や曲の特徴を捉えて表現の工夫を一人で考えたり、友達と考えたりしている姿が見られました。

授業が終わった後の協議会では、今日の授業のよかったところやもっと改善できるところなどを話し合い、より三砂小の教員の授業力の向上を図りました。
また今回は、筑波大学附属小学校の平野次郎先生をお招きし、指導・講評を受けました。

公開日:2022年09月29日 09:00:00